瑞泉院の御朱印(足利市御朱印)当山では、佛心、十一面大悲殿、七地蔵尊の三種類をお書き致します。

御朱印案内

足利の御朱印 瑞泉院の御朱印情報

法務都合により御朱印をお書きする日を月2回と決めております。御朱印をご希望の方は、お書きする日を確認いただき来山ください。当山にお参りいただき新しいご縁を感じていただければ幸いです。住職、副住職共々、法務の他、足利いずみ幼稚園運営等もございますためお書きする日が限られてしまいます。(※画像は参考までにご覧ください。季節などによってお書きする内容や使用する墨の色、そしてデザインなど一部異なる場合もございます。)


足利市御朱印 瑞泉院の七地蔵 令和御朱印


御朱印 「七地蔵尊 令和 好日」
5月よりこちらの御朱印を加えました。新しい時代の始まり、穏やかな日々が続きますように。こちらの御朱印は令和元年12月までお書き致します。


【お知らせ】
客殿寺務所の改築工事中となり、6月は御朱印をお休み致します。7月より対応致しますのでしばらくお待ちください。7月10日(水)は「...西国三十三観音御開帳」(西国三十三観音のご案内)となります。前回に引き続き、御開帳特別御朱印をお書きする予定です。


瑞泉院御朱印 足利の御朱印めぐり

御朱印「佛心」
当山には歴代住職の描いた達磨大師の掛軸などが多くございます。HPや御朱印に登場する達磨大師は歴代住職の描いたものを使用しております。本堂客殿にございますのでお参りの時にご覧ください。

御朱印「十一面大悲殿」
今から約320年前、元禄10年(1697年)に奉伺、西国三十三観音を祀っております。本尊 十一面観音とし本尊含め三十三体の観音さまがひとつのお寺(場所)にあるのは大変珍しいのです。毎年7月と11月に御開帳をおこないます。是非、お参りください。
◆西国三十三尊観世音菩薩(西国三十三観音)...

御朱印「七地蔵尊」
六地蔵は色々なお寺で祀っておりますが、当山は七地蔵となります。当山の入口、いずみ幼稚園の入口の間にあり、七地蔵尊はいつでも皆様を見守っているのです。
◆延命七地蔵尊...


永平寺 御朱印帳お求めいただけます

永平寺納経帳
当寺にて永平寺の納経帳(御朱印帳)をお求めいただけます。ご希望であれば、当寺御朱印をこの御朱印帳の2ページ目よりお書き致します。1ページ目はいつしか永平寺におまいりになった時用に空けておきます。おまいりの証に書いてもらってはいかがですか。


瑞泉御朱印対応日

※令和元年6月は御朱印をお休み致します。
諸事情にて変更となる場合は、ホームページまたはインスタグラムでお知らせ致します。御朱印は住職または副住職がお書き致します。ご希望の方は本堂正面右側にございます、客殿までお越しください。本堂は開いておりますのでいつでもお参り可能です。(◆寺務所客殿...)


■令和元年7月10日(水)
西国三十三観音御開帳記念御朱印
受付時間 13:00~15:30
※御朱印対応13:00~15:30(受付)となります。御開帳において、各種御祈願のお申込みを承ります。受付時間は9:30~10:30となります。各種御祈願をお申込みの方で御朱印を希望する場合、13:00より優先的にお書き致します。御祈願お申込みの時に、御開帳記念御朱印希望とお知らせください。詳細は西国三十三観音案内ページをご覧ください。
※御開帳記念御朱印の他、希望により基本御朱印もお書き致します。但し、御開帳記念御朱印を希望した方のみとなります。

■令和元年7月20日(土)
受付時間13:00~16:00


ご注意ご確認事項

・御朱印に関するお問合せは受付けておりません。
・お持ちいただいた御朱印帳にお書き致します。
・お書きする内容は住職、副住職によって異なる場合もございます。
・参拝者が多く、お待ちいただく場合もございます。


栃木県足利市限定御朱印 瑞泉院観音堂御開帳御朱印

11月24日御開帳限定御朱印 西国三十三観音御朱印

上の御朱印は昨年11月の御開帳記念御朱印となります。

【平成最後の御開帳案内】(終了致しました)

◆御開帳終了報告

※御開帳には多くの皆様におまいりいただきありがとうございました。

平成30年11月24日(土)西国三十三観音 観音堂の御開帳をおこないます。今回も、御開帳記念として前回同様「御開帳記念特別御朱印」をお書き致します。詳細は、こちらより御開帳のページをご覧ください。
◆御開帳のご案内

関連ページ

  • アクセスマップ
  • 住職挨拶
  • 本堂境内
  • TOPページに戻る
  • page up